所有し生活していた物件をマンション売却

マンション売却のために行うべき事柄

マンションで生活を営んでいましたが、急遽仕事の都合で転勤する事になり以後住み続ける事ができなくなってしまったため、検討した結果マンション売却をする事にしました。
これまでマンション売却をした経験はなかったため行うべき事柄の多くがわからなかったのですが、売却に際して情報収集に努めていると売却に要する期間は3ヶ月から6ヶ月と知った事から、余裕を持ってスケジュール管理をする事を徹底しました。
これまで生活してきたマンションが有している価値についても正しく理解する事ができていなかったため、最初はインターネットで閲覧可能な取引情報が公開されているページや不動産情報サイトなどで相場の把握に努めました。
相場を調べてみると想定していたよりも価値が高い事が判明したので、続いて本格的に手続きを進めていく上で要する必要書類の手配に着手しました。
必要書類は身分証明書や印鑑証明書、実印や売り主である自身に関わる書類や権利証を用意しつつ、合わせて管理規約や管理費に関する書類などマンション自体に関する書類も準備しました。
相場を理解した後は、すぐに質問に対して回答したりマンション売却に踏み出せるように準備した書類を手元に起きつつ一括査定サービスに利用申込を行い、各不動産会社に対して査定依頼を行いました。
一括査定サービスから各不動産会社に対し査定依頼を行ったところ迅速に各社から査定額が提示され、全体的に大きな差異は無かったものの提示された気になる事柄では、価格設定が行われた理由について企業側に説明を依頼した次第です。

マンション売却のために行うべき事柄 : 売却に際してはより良い不動産会社を選び良い関係を築く事が大切